歯

歯医者さんで矯正やホワイトニングをして美しい歯を手に入れよう

素材にこだわろう

歯型

日本人の多くがかかったことのある病気の一つが虫歯でしょう。歯が抜けてしまう原因の一つにもなる虫歯は、歯に穴が開く病気です。初期であれば練馬区の多くの歯医者さんは穴を削らずにフッ素やブラッシング指導で治療を終えるでしょう。それらの方法できちんと対処をしていれば治すことができるのですが、怠ってしまうと穴が大きくなってしまいます。大きくなった虫歯は特殊な器具で周りを削って治療をするでしょう。そのときに練馬区の歯医者さんでは銀歯や金属の詰め物をしてくれます。しかし、金属アレルギーの人は銀歯でもアレルギーの反応を起こしてしまうことがあるのです。また、そうでない人でも長年銀歯を入れることで劣化して虫歯を再発させることがあります。見た目も白くないので治療したことがすぐにわかってしまうでしょう。そこで、練馬区にある一部の歯医者さんは銀歯の代わりに白くて審美性に優れた素材を使った被せ物や詰め物をしているのです。練馬区の多くの歯医者さんで使われているのがセラミックスという頑丈で白い素材の被せ物や詰め物です。これは陶器のようなもので、歯と同じ綺麗な色をしています。金属ではないのでアレルギーがあっても安心して使うことができるでしょう。しかし、天然の歯よりも強度があるので、噛み合う歯を傷つける可能性があります。それが心配だという人は練馬区でハイブリッドセラミックスを使用してくれる歯医者さんを探すといいでしょう。このハイブリッドセラミックスで使われる素材はセラミックスと柔らかいプラスチックが混ざっていて、天然の歯と同じくらいの強度なのです。